国語読解講座

山口県立宇部高等学校

【山口県立宇部高等学校】

文武両道の学びの中で

「知・徳・体」を磨き、自信と誇りをもって

社会に貢献できる人材の

育成を図る。

在校生は文武両道をモットーとし、

一人ひとりがのびのびと毎日の学習や部活動に励むことで、

自己実現を目指しています。

とされています。。

【歴史】

1919年(大正8年)創立の「山口県立宇部中学校」

(旧制中学校)を前身とする。

1948年(昭和23年)の学制改革で

「山口県立宇部高等学校」(男子校)となる。

翌1949年(昭和24年)に「山口県立宇部北高等学校」に改称。

1950年(昭和25年)に高等女学校を前身とする

山口県立宇部南高等学校と統合され、

「山口県立宇部高等学校」(現校名)となった。

令和元年に100周年を迎えた歴史と伝統のある学校です。

卒業生は、産業・政治・医療・教育等の各界各層で第一人者として、

また、時には縁の下の力持ちとして活躍しています。

【宇部高校出身の著名人】

・東京大学名誉教授

・映画監督(山田洋次さん、庵野秀明さん)

・政治家

・シンガーソングライター

・宇部興産相談役、宇部商工会議所会頭

・プロサッカー選手

・前宇部市長

・本庶佑さん – 医学者、京都大学名誉教授、

2018年ノーベル生理学・医学賞受賞。

・村岡嗣政 – 山口県知事

・柳井正 – ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長

など、多くの著名人が活躍されています。

【校章】

カタバミの3枚の葉を背景にして、

中央に「高」の文字(旧字体)を置いている。

同窓会は、校章にちなみ、「かたばみ会」と称しており、毎年実施されます。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です