▶宇部高校合格のための 国語特訓講座 はコチラをタップ

小学校英語教育

宇部高校受験専門塾 黎明会 代表です。

さて、2020年度より小学校の英語の教科化がスタートします。

その内容ですが、


<単語量が別次元>

週2コマ600〜700の単語の内容が従来とは別次元

圧倒的な単語数。中学基本単語(中1レベル)を超える分量に注目。



<文法の内容>

全員がつまずく3単現を避け、英語嫌いを作らないカリキュラム配慮
中1の3学期までの内容が、小6におりてくるイメージ。

■肯定・否定の平叙文 

■肯定・否定の命令文

■疑問文のうち be同士ではじまるもの、助動詞(can doなど)でははじまるもの、疑問詞(who、what、when、where、why、how)ではじまるもの

■代名詞のうち、I、you、he、sheなどの基本的なものを含むもの

■動名詞や過去形のうち、活用頻度の高い基本的なもの


まあ、とにかく中学1年の単元が小学生に下りてきて、単語量も半端ないということです。


当然中学生でも、単語数は中学卒業までに現行の1200語から2200〜2500語へ増えます。


従来は高校内容の定番であった現在完了進行形や仮定法を中学で扱います。



しかし、

小学校の英語、ほんとにすごいです。今までとは別次元。


あっ、でも、うちの英語やっとけば心配ないですよ。


スペルを見たら撥音できて、


聞いたら綴れるようになりますから。


2年かけてルールを学び、英語の本をとにかく多読していきます。



お問い合わせは、黎明会まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です