▶宇部高校生専門の予備校の案内はコチラ

算数のできる子

宇部高校受験専門塾 黎明会代表です


小学校になって算数ができる子どもは、

幼稚園のときの語学能力(語彙力)が高い傾向にあるそうです。

子どもに語りかける言葉の量が多いほど、子どもの語彙力が伸び、

学習能力も高まりやすくなる。

また小学校の研究で、勉強ができる子とできない子では、

小学校1年生で「約3・5倍」、

小学校6年生で「約4・4倍」の語彙力の差が存在するという報告があります。


また、我々は、物事をつくるときに、かならず言葉を頭に思い浮かべます。


行動を言語化して、落とし込むんです。


なので、考える力がある人は、とにかく語彙力が多い。

表現できる言葉の引き出しが多いんですよ。


【小学校1年生の語彙力】
できない子 → 2000語
できる子 → 7000語(3・5倍)


【小学校6年生の語彙力】
できない子 → 8000語
できる子 → 3万5000語(4・4倍)


だと言われています。


国語が大事だということです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です