▶宇部高校合格のための 国語特訓講座 はコチラをタップ

宇部高校のコロナ感染症のお知らせ

宇部高校受験専門塾 黎明会です。

学校の体育の授業におけるマスク着用の必要性について。

下記は、スポーツ庁からの通知文章です。



学校における基本的な感染症対策として、学校教育活動の際はマスクを着用し、
特に近距離での会話や発声等が必要な場面では、
飛沫を飛ばさないようにマスクの着用を徹底することが適切であること。
一方で、運動を行う際にマスクを着用する場合、
十分な呼吸ができなくなるリスクや熱中症になるリスクが指摘されていること。

このような運動時のマスク着用による身体へのリスクを考慮して、
学校の体育の授業におけるマスクの着用は必要ないが、
感染リスクを避けるために、児童生徒の間隔を十分に確保するなどの対策を講じること。


体育の授業前にマスクを外してから授業後にマスクを着用するまでの間、
児童生徒間の距離を2m以上確保するとともに、
ランニングなどで同じ方向に動く場合は更に長い距離を確保すること。
また、児童生徒が教え合う場面では互いの距離を2m以上確保するとともに、
児童生徒に不必要な会話や発声を行わないよう指導すること。
併せて、体育の授業の前後に手洗いをするよう指導すること。


体育の授業において、軽度な運動を行う場合や児童生徒がマスクの着用を希望する場合は、
マスクの着用を否定するものではないこと。
ただし、運動時にはN95マスクなどの医療用や産業用マスクではなく、
家庭用マスクを着用するよう指導すること。
また、マスクの着用時には、例えば、呼気が激しくなるような運動を行うことを控
えたり、児童生徒の呼吸が苦しい様子が見られる場合は、必要に応じてマスクを外し、
他の児童生徒との距離を2m以上確保して休憩するよう指導すること。


当面の間、体育の授業は、熱中症事故の防止に留意しつつ可能な限り屋外で実施すること。
体育館など屋内で実施する必要がある場合は、
呼気が激しくなるような運動を行うことは避けること。
また、体育館等のドアを広く開け、こまめな換気や消毒液の使用
(消毒液の設置、児童生徒が手を触れる箇所の消毒)など、
感染拡大防止のための防護措置等を実施すること。


毎朝の検温や健康観察により学習前の児童生徒の健康状態を把握し、
体調が優れない児童生徒の体育の授業への参加は見合わせること。
また、授業を見学する児童生徒については、マスクを着用させるとともに、
児童生徒間の距離を1~2m以上確保するよう指導すること。
ただし、気温が高い日などに屋外で授業を見学する場合は、
マスクを着用した児童生徒が熱中症にならないよう、
日陰で見学させたり、必要に応じてマスクを外し、
他の児童生徒との距離を2m以上確保するよう指導すること。


教師は、原則として体育の授業中もマスクを着用すること。
ただし、自らの身体へのリスクがあると判断する場合や、
児童生徒への指導のために自らが運動を行う場合などは、
マスクを外すことは問題ないこと。
なお、マスクを外す際は、不必要な会話
や発声を行わず、
児童生徒との距離を2m以上(ランニングなどで同じ方向に動く場合は更に長い距離)を確保すること。


児童生徒が密集する運動や児童生徒が近距離で組み合ったり接触したりする場面が多い運動については、
地域の感染状況等を踏まえ、安全な実施が困難である場合、
当面実施せず、年間指導計画の中で指導の順序を入れ替えるなどの工夫を行うこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です